羽生市の鉄くず・鉄スクラップ回収・高価買取

埼玉県羽生市で鉄スクラップ・鉄くず買取ができる業者をお探しなら設備解体工事・機械撤去もできる小林茂商店メタルサイトにお任せ下さい。解体から処分まで一貫して行っております。建築現場や工場はもちろん、オフィス、一般家庭などから発生するアルミ・ステンレスと言った非鉄金属や、ニッケル・タングステンなどのレアメタルも高く買い取り致しております。下記に羽生の買い取り実績の一例をご紹介致します。

オフィス・一般家庭の鉄・非鉄製品を買取!!

鉄・スクラップ持ち込みのお客様へ

鉄・スクラップを直接お持込みの場合は「埼玉県熊谷市」へのお持込みとなります。

あらかじめご連絡の上(TEL:048-521-6356)お持込みください。

〒360-0844 埼玉県熊谷市御稜威ヶ原(みいずがはら)673番地22  map

羽生市内の鉄スクラップ買取り、鉄くず回収事例紹介

  • IMG_51872019.01.31
    出張地域:埼玉県羽生市
    買い取り品目:鉄くず
    電子機器 OA機器 遊戯機器

    大澤です。写真のようなOA機器や遊戯機器ですが、今後は分別していただかないと産廃での処理になってしまうような世界情勢になってきました。...

  • IMG_19402019.01.24
    出張地域:埼玉県羽生市
    買い取り品目:鉄くず
    射出成型機買取り

    お疲れ様です。KAZUです。
    先日、重量で10700㎏の射出成型機の買取りをしました。
    荷おろしは、6tフォークと7tフォーク2台で降ろしました。...

  • アルミ材2019.01.12
    出張地域:埼玉県羽生市
    買い取り品目:アルミ・ステンレス・銅など
    アルミ材

    こんにちは、営業部の黒須です。

    車輌整備系のお仕事をお取り扱いの企業様より、不要となったアルミ材の買取に関するご相談を頂きました。

    近日中にお客様が段ボールやビニール等の付着品を取り除き、おまとめ頂いたところ...

  • IMG_11712018.12.17
    出張地域:埼玉県羽生市
    買い取り品目:鉄くず
    大型機械

    こんにちは!竹井です。
    今回は大型機械の買取りです。
    写真は既にガス切りをした物になっていますが、中からコンクリートが出てきました。こういったものでも買取は可能です。...

  • IMG_42492018.05.16
    出張地域:埼玉県羽生市
    買い取り品目:鉄くず
    ポンプ車

    営業部の大澤です。お客様よりずっと眠っていたポンプ車の廃棄について相談をうけました。スクラップとして買取いたします。...

鉄スクラップ買取お申込みから計量・お支払いまでの流れ

お問合わせからお支払いまで

取扱い品目

当社は様々な鉄屑の買取にお伺い致しております。当社の鉄くず買取例は下記の通りです。もちろん、ここにない物でも鉄スクラップも売る事ができます。

  • 鉄くず・鉄スクラップ鉄材加工後の残鉄くず、建物、設備解体後の解体鉄スクラップなどの引き取り
  • ステンレス・アルミ・銅などの非鉄金属電線・銅線やアルミ缶、アルミサッシ、アルミホイールなどの非鉄金属をリサイクル・買い取り
  • タングステン・ニッケル、レアメタルニッケル・コバルト・マグネット・タングステン・チタンなどのレアメタル(希少金属)を高価買取り
  • 機械撤去・設備解体各種製造ラインや空調・配管設備・ボイラー設備の解体や溶接機やNC加工機などの機械回収にも対応

羽生市の鉄スクラップ買取対応エリア・トリビア

羽生市内の引取りご訪問エリア
  • 稲子
  • 今泉
  • 大沼
  • 尾崎
  • 加羽ケ崎
  • 上岩瀬
  • 上川崎
  • 上川俣
  • 上新郷
  • 上手子林
  • 上羽生
  • 上村君
  • 川崎
  • 喜右エ門新田
  • 北荻島
  • 北袋
  • 桑崎
  • 神戸
  • 小須賀
  • 小松
  • 小松台
  • 下新田
  • 須影
  • 砂山
  • 中央
  • 常木
  • 中岩瀬
  • 西
  • 羽生
  • 秀安
  • 日野手新田
  • 藤井上組
  • 発戸
  • 本川俣
  • 町屋
  • 三田ケ谷
  • 弥勒
  • 与兵エ新田

羽生市(はにゅうし)は、人口約5万7千人の市で、江戸時代末期以降、青縞(あおじま)の生産が行われ、現在も衣料の街です。地目の由来は、1478年の太田道灌の手紙に「武州羽生の嶺にたてこもり」とあると言われています。「羽生」は、粘土質の土地であったことから「ハニ(粘土、埴土)・ウ(生)」の意とする説があり、古い塚や古墳があり、埴輪が出土されています。さいたま水族館では、県内を流れている荒川をモデルとして、上流部の渓流に住む魚から、中・下流域の魚、水田地帯を中心とした沼の魚、海から川へ川から海へと移動する回遊魚、県内にすむ希少種などの魚類や、両生類・は虫類など合わせて120種ほどを展示しています。魚にエサを与えてふれあうことができるコーナーもあり家族連れで賑わいを見せています。

家庭の金属ゴミの処分方法

同市の金属類は燃やしてはいけないごみとして週1回、指定曜日(祝日も収集します)に収集します。透明・半透明のごみ袋に入れて口を閉じて出してください。

PAGE TOP

電話受付メールでのご相談・お問合わせはこちら